従来と違うホールドの仕方をするフックがあることご存知ですか?

ケーブルとスカーフの共通点は何でしょうか? そう、どちらも散乱しがちという点です。

だから市場には、ケーブルにはケーブルホルダー、スカーフにはスカーフホルダーなど、スッキリ整理・収納を実現させてくれる製品がたくさんあります。でもこれらの製品は一旦「片付け完了」した後に変更・調整がしにくいものが多いのが実状です。例えばケーブルをスッキリと整理した後に環境が変化して、ケーブルの配置を少し変更したほうがいい状況になっても、「せっかく完璧に設置したダクトやバインダーを開くのは面倒だから後で・・・」となったり、開かざるをえなくて開いても「またすぐに変更あるかもしれないから(←言い訳っぽい)閉じるのは後で・・・」となりがち。そうしているうちに、気がつくとケーブルはまた散乱状態になってしまっていた、という経験をなされた方も多いのではないでしょうか。少なくとも私はその一人だったので、「どんな完璧な整理も、周辺が変化すると完璧でなくなる」という問題を解決してくれる製品を、ケーブル用とスカーフ用別々に探し続けていました。ケーブル用に関しては「変化に応じていつでもすぐに調整できる、こんな形のケーブルホルダー」、と頭の中でイメージしているものがあっったのですが、それがどこにもないとわかった時、自分でプロトタイプを作成しました。すると、この同じモデルが、スカーフにも応用できることに気づき、結果的に一つで二つの問題を解決できるフックの誕生となりました。それが yoritom-Hook(ヨリトム・フック)です。日本及びスイスとリヒテンシュタインで特許取得済みです。

配線変更が即実行できるケーブルホルダー

yoritom-Hook top view

これと同じ様にケーブルを保持するフックは他にありません。

私が既存のケーブルホルダーに満足できなかった訳

散乱していたケーブルを市場で購買したケーブルホルダーを利用してスッキリ整理完了。でもしばらくして、古いプリンターを買い替え。ケーブル整理を修正する必要が発生します。でも、ケーブルをどの様に整理したかによっては、せっかく束ねたバインダーを切らなければならなかったり、長いダクトを開いたり、ネジ式で固定していたものはスクリュードライバーを探しに行ったり、と、少しの変更に大きな手間がかかってしまうことがしばしば。だからつい、古いプリンタ本体だけ取り除いて新しいのと置き換え、ケーブルの入れ替えは後で、と言ってるうちに日にちが経ってしまう。これに似た経験は誰もがお持ちではないでしょうか?既存のケーブルホルダー製品は長期的に変化のない環境での整理には有効ですが、状況がちょくちょく変わる環境では即対応を妨げる障害物にもなってしまうという弱点があります。融通が効き、デバイスの位置変えによる配線変更など、どんな小さ変化にも工具などなしですぐに対応調整を可能にする方法はないか、それが私のケーブルホルダーに対する問題提議でした。

理想のケーブルホルダーの特徴

配線変更の必要性に即対応できるケーブルホルダーは、次の特徴を持っているべきだと思いました。

1.操作が簡単であること。ー 工具や特別な作業の必要なく、いつでも簡単に任意のケーブルだけを取り除いたり付け足したりできる仕組みがないと、スッキリさっぱりを常時保つことが困難です。

2.ケーブルを緩く、且つ安全に保持すること。ー ケーブルに、前後へのスライドや方向転換のため回転が自由にできる可動性をもたせつつ、この可動性による掛外れは起こさせない仕組みでないといけません。

3.配向中性であること。ー ケーブルを保持する能力は、ホルダの設置場所・位置・配向(上向き・下向き・横向き・斜め向き)等に関係なく、常に同じでなければなりません。

これらの条件を満たす形は頭に描いていたので、いろんなお店やオンラインショップで探しましたが見つからず、「こんなのってまだ世の中にないんだ」と気づいて自分で作ってみた、それが yoritom-Hook です。yoritom-Hook のケーブルホルダー機能はこちらを御覧ください。»

スカーフを美しく演出するマジカルスカーフホルダー

yoritom-Hook top view

これと同じ様にスカーフを保持するフックは他にありません。

私が既存のスカーフホルダーに満足できなかった理由

スカーフを毎回畳んで片付けるのが三日坊主で終わるのは私だけではないでしょう。畳むだけではすぐに崩れてしまいますから、スカーフ用のスペースに納めないと整理が成り立ちません。だからより簡単な収納法として様々なスカーフホルダーが市販されています。しかしここにも、すべすべ・ふわふわのスカーフは、バランス良く掛けないと滑り落ちてしまう、という弱点があります。畳むより楽だからこれくらいは我慢します、ときっちりバランス良く掛けても、ワードローブ内で他の衣類と擦れ合ううちにてバランスを崩し、ホルダーから落ちてしまうこともしばしば。落ちる前に気づいて掛け直すこともよくあるのではないでしょうか。対策として、スカーフをホルダーに絡めるようにして掛ける式のものもありますが、掛け外しの手間が増大するという新たな弱点がついてきます。何よりも気になるのは、スカーフが掛ける目的のみで掛けられていて、スカーフ自体の美しさが無視されている感があること。だから、掛け外し簡単で、掛けたら掛け外すまで、他の衣類と擦れ合っても風などで揺さぶられてもズレない、滑らない、飛ばない、その上更にスカーフの美しさを演出してくれる、そんな嘘みたいな収納法はないか、それが私のスカーフホルダに対する問題提議でした。

理想のスカーフホルダーの特徴

実用的で、且つスカーフそのものの美しさも演出するスカーフホルダは、次の特徴を持っているべきだと思いました。

1.操作が簡単であること。ー 掛けるのも外すのも素早く簡単であることと、外すときは外したいスカーフだけを外せ、他のものが一緒に外れることはない仕組みでなければなりません。

2.バランスに依存せず、少しくらいの外部からの影響ではずれないこと。ー 他の衣類と擦れ合ったり、ドアの開閉や風で揺さぶられても滑り落ちたり飛ばされたりしない仕組みでなければなりません。

3.見せる収納を実現すること。ー 目指すソリューションは、スカーフが部屋のアクセサリになってしまうくらいにスカーフの美しさを引き出し、演出してくれるものであるべきです。yoritom-Hook のスカーフホルダー機能はこちらを御覧ください。»

yoritom 多機能フック

yoritom-Hook top view

実はマルチ・タスキングな多機能フックです。

yoritom-Hook は私達が日常経験する問題へのソリューションを提供してくれます

Scarves won't fly away

風でも飛ばないスカーフ

yoritom-Hook holding 2 cables

動き自由なケーブル

Geschirrtuch ohne Schlaufe aufhängen 1

ループなしのキッチンクロース

Einkaufstasche springt nicht mehr raus 1

ジャンプアウトできないショッピングバッグ

Möbelgriff 2

手頃なおつまみ